泌尿器科

週間スケジュール

■週間スケジュール

血液透析は、月水金は午前午後の2部制・火木土は午前のみの1部制で行っています。腹膜透析外来は、血液浄化室にて随時行っております。

診療開始時間 午前9時より

診察室 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
午前 須藤泰史 福田喬太郎 須藤泰史

森山貴弘

福田喬太郎
午後 手術・検査 手術・検査 手術・検査 手術・検査 手術・検査

診療内容

平成14年つるぎ町立半田病院泌尿器科開設以降(H14~R1)の臨床統計を報告します。

(1)半田病院泌尿器科は、H14年6月より週1回の非常勤の体制で開設し、H15年6月より常勤化され、H20年5月より常勤医師2名体制、H23年4月より、常勤医師2名+非常勤医師1名(週に1回半日パート)となり、H28年12月より常勤3名体制となりましたが、H30年1月より常勤2名+非常勤1名(週1回)に戻り、R1年12月末に至っております。

(2)外来延べ患者数は、H15年 2057名より、毎年増加し、H23年 5906名と年々増加となりましたが、以降は、H24年5932名、H25年5896名と横ばいになっておりました。H26年以降、H26年 6021名、H27年 6151名、H28年6217名、と再びわずかに増加しましたが、H29年6135名、H30年6089名と少しずつ減少し、R1年はさらに5938名と減少傾向に傾いています。当院の医療圏の人口は減少傾向にあり、今後は、このあたりで推移しながら、将来的には、減少していく可能性があると思われます。

外来延べ患者数 H15~R1年

(3) 入院患者数・手術件数は開設以来順調に増加しておりましたが、手術件数については、全身麻酔が必要な手術を要する患者・集学的治療が必要な患者に関しては、高次医療機関へ積極的に紹介する方針としておりますため、200件弱を推移しております。入院患者も増加してきていたのが横ばいの状況になり、過疎が進むエリアでもあることから、この程度(300名前後の入院患者数と年間200弱の手術件数)で、今後も、しばらくは推移したのち、減少するものと思われます。

(4)手術の内訳は、R1年では、経尿道的前立腺切除や膀胱腫瘍切除、また、尿管結石砕石などの内視鏡手術・処置が56.4%。腎不全関連(内シャント形成や腹膜透析カテーテル留置など)が17.0%でした。泌尿器科新専門医制度における連携施設診療実績に数えられる手術件数は97件でした。

(5)血液浄化療法(血液透析・腹膜透析)は、H16年より診療を開始しております。今後も地域の要望も強く、増加するものと思われます。H28年12月に腎センター拡幅工事を完了し、血液透析用ベッド6床増床を致しました。R1年12月末日現在、血液透析は外来57名、入院12名の合計69名の治療を行っています。一方、腹膜透析は、次第に減少し0名となっております。R1年の1年間では、新規に12名を血液透析に導入いたしました。

図3 血液透析・腹膜透析及び維持透析導入患者数の推移


スタッフ紹介

氏名 須藤 泰史(ストウ ヤスシ)
所属科 泌尿器科
役職

病院事業管理者

卒業大学 徳島大学
所属学会

日本泌尿器科学会(専門医・指導医)
日本透析医学会(専門医)
日本小児泌尿器科学会(認定医)

地域包括医療・ケア認定医

平成11年4月 日本泌尿器科学会坂口賞 受賞

趣味

ゴルフ、ギター、ランニング

メッセージ 平成14年に週一回外来担当の非常勤医師として勤務して以来(平成15年より常勤医師として赴任)、症例が増加し、泌尿器科・透析医療に関しての地域のニーズが高いことを痛感しております。今後も、微力ながら、地域医療に貢献すべく努力いたします。
氏名 福田 喬太郎(フクタ キョウタロウ)
所属科 泌尿器科
卒業大学 徳島大学
所属学会
資格

日本泌尿器科学会
日本泌尿器内視鏡学会
日本透析医学会
日本癌治療学会
日本ロボット外科学会(da Vinciサージカルシステム si/xiコンソールサージョン)

専門領域

泌尿器一般

趣味 ドライブ・スポーツ観戦
メッセージ 徳島県西部の地域医療に貢献できるよう頑張ります。泌尿器科の病気に悩まれている方はたくさんいらっしゃると思います。お気軽に半田病院泌尿器科を訪ねていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。
氏名 森山 貴弘(モリヤマ タカヒロ)
所属科 泌尿器科
役職 非常勤医師
卒業大学 産業医科大学
所属学会
資格

日本泌尿器科学会(専門医)
日本産業衛生学会
労働衛生コンサルタント

専門領域

泌尿器科一般
産業衛生

趣味 ドライブ・ツーリング
メッセージ H28.12月よりお世話になっています。
尿路結石や男性の性の悩み(EDなど)は、生活習慣病と大きく関連していると言われています。泌尿器科の病気を通じて生活の質や健康づくりについて考えていきましょう。お気軽にご相談下さい。
ページトップへ